スチールラックの選び方

スチールラックを選ぶときにどういう風に選んだらいいかわからないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。大きく分けてスチールラックにはボルトタイプとセミボルトの普及品タイプとセミボトルのオリジナルタイプがあります。ボルトタイプは完全なボルト締めであり、セミボトルタイプよりも強度が強いのが特徴です。支柱と棚板が全て共通部材という構造をしています。

セミボトルタイプは、最上段以外はすべてフック式で組み立てが楽です。ボルトタイプよりも強度面でリスクがあります。支柱と棚板はすべて共通部材です。同じくオリジナルタイプは、最上下段以外が全てフック式です。

セミボトルタイプの普及品よりも強度にリスクがあります。しかし、組み立てやすいです。こちらも支柱と板は共通部材を利用されています。用途としては、ボルト式の棚板は移動を長期間しない人に向いています。

分解するのが大変なので、あまり移動させないのが大前提です。セミボトルタイプは棚間の移動に必要が見込まれる方に向いています。ただし、セミボトルのオリジナルよりも組み立てに時間がかかります。そして、セミボトルタイプオリジナルよりも安いのが魅力的です。

セミボトルタイプのオリジナルは、棚間の移動に必要が見込まれる場合に最適です。ただし、セミボトルより価格は高いですが、組み立て時間は大幅に節約できるので手軽に使うことができます。これらの利点をいかして、自分のニーズに合ったスチールラックを探す参考にしてください。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *