家具をスチールラックで統一するメリット

生活をする上で、家具は必須のものです。本は本棚、衣類は衣装ケース、テレビはテレビ台など、それぞれ専用の家具があります。しかし、いずれもスチールラックで統一することができます。スチールラックとは、金属製の四本の支柱と棚板から成るラックのことです。

メタルラックなどともいいます。支柱や棚板の長さやサイズを自由に選べることが多いので、自分の荷物や部屋に合わせてちょうど良いサイズのスチールラックを作ることができるのです。また、構成するパーツもいろいろな種類があるので、自分の好みに応じて選択できます。メタルカラーだけでなく、黒や木製やカラータイプもあります。

例えば、棚板がバスケットの形状になっているものを選択すれば、衣類をしまえます。一番上にハンガーポールがついているものを選べば、そのままハンガーラックとなるのです。衣装ケースを何個も積み重ねると変形してしまいますが、スチールラックは耐荷重が数十キログラムあるので、衣装ケースを棚板に置くと変形を防げます。耐荷重があるため、重い本もぎっしりと収納できるのです。

また、自分の持っている本の高さに合わせて棚板の間隔を調節すれば無駄なスペースが減ります。間仕切りをつければ、ブックエンドの役目となり、薄い本や雑誌などが倒れにくくなります。テレビや電子レンジ、プリンターなどの家電を設置するのも、自分の部屋に合わせてデッドスペースができないようにレイアウトできます。重いものも載せられるので、高い棚にプリンターを置くこともできます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *