オフィスレイアウトやオフィスデザインについて

仕事や作業の内容によっては、オフィスレイアウトやオフィスのデザインが、作業効率に与える影響が大きい場合があります。例えば、ソフトウェア関連で技術的な検討が大きなウェイトを占めるような業務では、集中できるように半個室になっているような場所での作業が求められます。一方、色々なアイデアを必要とするようなクリエイティブな業務では、グループでのディスカッションやフリーセッションが行いやすいよう、会議スペースやオープンスペースが広く取ってあるオフィスが最適です。このように、作業内容に合わせたオフィスレイアウト、オフィスデザインがなされていれば、それだけ作業・業務に集中することができ、業務効率もアップします。

一方、人間の導線に合わせたオフィスレイアウトがされていれば、それだけ動きやすくミスも少なくなります。また、オフィスのデザインや色なども、作業への集中度を増したり、反対にリラックスできるようになったりと、作業者に影響を与えます。もちろん、業務効率化を考えた場合、サーバを設置できる場所や、メールやWebなどのネットワークなどのITシステムの構築を考慮したレイアウト設計も必要になってきます。このように業務への影響が大きいオフィスレイアウト・デザインですが、あくまで自社でレイアウトやデザインを行うのももちろん可能です。

しかし、理論に基づいた設計や仕様を提案してくれる専門業者に依頼するのが最も確実です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *